ABOUT

監督  張時偉(ちょう・じい)プロフィール

 1986年、中国・上海生まれ。1990年からは日本で生活。子どもの頃から映画監督を志し、2005年に米国へ単身留学。

 Shoreline Community College映画科、Art Center College of Design映画科などで学び、2011年からは日本の東放学園プロモーション映像科に入学。卒業後、2013~2015年は中国の北京・上海などを拠点にフリーの映像ディレクターとして、ドキュメンタリーやプロモーションビデオ、『VOGUE CHINA』をはじめとする広告雑誌のCM制作に携わる。

 2015~2016は大手テレビのインバウンド観光番組の監督・撮影・編集を担当、以降もミュージックビデオ、ドキュメンタリー、CM製作などで幅広く活躍。大手航空会社国際線でも放送される「日本の『匠』シリーズ」全作の監督・撮影・編集を務めている。また、優秀な在日中国人にフォーカスした短編ドキュメンタリーシリーズでも好評を得ている。

 2017年には、いけばな草月流の師範代のドキュメンタリー映像で The Golden City Gate Award(ベルリンの観光CMコンペティション)銀賞受賞、また出会い系のサクラをしている男を主人公にした短編映画『SAKURA』がThe 5th Annual Chain NYC Film Festival(ニューヨークの国際映画祭)で国際短編映画賞受賞など、さらに活躍の場を広げている。

 

  2018年3月9日、3分間の短編ドキュメンタリー『豊浜ちょうさ祭り(TOYOHAMA CHOSA FESTIVAL)』が、「国際観光フィルム・グラフィック・マルチメディア賞」五ツ星最優秀賞と「ゴールデン・シティ・ゲート賞」三ツ星特別賞を同時に獲得。特筆すべきは、張時偉監督はこれらの映画祭で受賞した唯一の中国籍の監督であるということだ。

  

  2018年10月、撮影した2本のショートフィルムが、インドのコルカタ国際カルト映画際(CICFF)で共に金狐賞(Golden Fox Awards)、月度最優秀作品賞を受賞し、年度のコンペティション部門にノミネートされた。

      2019年1月に豊浜ちょうさ祭りの3分の映像を、30分に拡大編集し直したドキュメンタリー映画が、アメリカ・カリフォルニア州の The Impact DOCS Awardsというドキュメンタリー映画の映画祭の短編部門で、Award of Merit (優秀賞)を受賞。   

 

     同年、2月には同映画作品がカナダのオタワ州にあるCreation International Film Festivalの公式上映作品に選ばれた。

​​入賞作品

『WabiSabi』MV       ▶ 映像再生 ◀

2018.10

コルカタ国際カルト映画際(インド) ミュージックビデオ部門 優秀賞

 関連報道 

 

CCTV(映像 / 放送日時順)

​・从细节入手 拍摄纪录片获国际大奖(2019.3.15)

​・用影片记录百年传统民俗 获国际电影奖项(2018.3.21)

​・用镜头讲述中日故事(2017.9.28)

その他メディア(ネット記事 / 報道日時順)

旅日华裔青年导演纪录片《魂的共鸣》获国际影奖(中国華僑ネット 2019.2.23)

旅日华人导演张时伟两部佳作获国际电影奖(中国新聞社ネット 2018.10.11)

短編映画で評価を高める在日中国人監督(日本と中国 2018.5.1)

旅日华人导演张时伟获柏林国际旅游展旅游影片嘉奖(新華社ネット 2018.3.12)


旅日新锐导演张时伟德国柏林再获嘉奖 (中国新聞社ネット 2018.3.11)


中国小伙导演短片获国际大奖 他在日本拍了点啥(人民日報 海外版 2017.9.11)

专访旅日80后华人导演张时伟:用镜头讲述中日故事 新華社ネット  2017.8.25)

© 2016-2019 by JIILM